本文へスキップ

東京洋装雑貨工業協同組合のあゆみ

はじめに

人間の“衣、食、住”は、いま世界的にその地域差をせばめ、より良いもの、よりファッショナブルに、よりクリエイトにといった方向性のもとに大きな広がりをみせている。その“衣”に属するファッション産業 は、戦後のめざましい繁栄から消費革命なるものを生み出し、めまぐるしい発展をとげた。
1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代
東京洋装雑貨工業協同組合の歴史 ファッションの流れ 社会情勢
1950年代 昭和25年〜昭和34年代
経済は復興期の終盤に入る。
ファッションは、ディオールやバレンシアガといったパリのオートク チュール時代。ヤングファッションも台頭してきた。
 
1950年(昭和25年)

金属の針金を幾重にも巻いて作ったラセン
ベルトがでまわる。

ゴム素材の男性用ワイシャツ止メ(腕輪・アームレス・袖吊)の売行きがのびた。
開放的なアメリカンスタイル全盛。

アメリカでブレザーが流行。


朝鮮戦争勃発。

千円札登場。
1952年(昭和27年)

塩化ビニール製のサッシュベルトが若い女性の間で人気となる。

幅広のしっかりした織りのガーターが人気を
集める。

ビニールのレインコートが大流行。

ナイロン・ブラウスが売られた。

安保条約発効。

1953年(昭和28年)

ゴム織りのシンチベルトが登場。

オリンピックの影響から柔道べルトと呼ばれ
流行した。

真知子巻きが流行

スカートにふくらみをつけるペチコートが大流行した。

ディオール旋風起こる。モデルが来日してファッショシーが開かれた。

ディオールが第一回コレクションでニュールックを発表。ロングのフレアースカートに人気が集中した。

ペティコート
第26回総選挙
「バカヤロー解散」

NHKがテレビ放送開始。

スーパー登場。
(ダイエー)
1954年(昭和29年)

東京洋装雑貨工業協同組合と改称。
すべり止メのきく裏ゴム付靴下止メが普及した。

男も女も子供も水着の上から海水バンド
しめることが流行した。
シャネルがカムバック。

ディオールがHラインを発表。

ローマの休日がヒットし、ヘップバーンスタイルが流行。

ディオールHライン
マリリン・モンロー来日。


プロレスの力道山全盛。
 
1955年(昭和30年)

サスペンダーが大流行した。マンボスタイル に合せたものがほとんどで、この頃からサスペ ンダーの先皮がクリップ型式になった。

ラテックス・ゴム使用のソフト・ガーターが が注目される。
細身のズボン・マンボスタイルが流行。

シャネル・スーツが発表された。婦人服のデザインは、「Aライン」「Hライン」とライン主義となる。
初のトランジスターラジオ発売。
 
テレビ・電気洗濯機・電気コタツが普及し、家電時代が到来した。
1956年(昭和31年)

紙布の上に金箔を施したマイラーベルト
流行した。
下着ショーが開かれる エルビス・プレスリーの「ハードブレイクホテル」がヒット。

「もはや戦後ではない」経済白書

1957年(昭和32年)

男物ソックスの口元にゴムが織り込まれる
ようになったため、紳士用ガーターが消えた。

 

「バナナボート」の歌の流行とともにカリプソ・スタイルが広がった。


ソフィア・ローレンの衣装を 手がけたフォンタナ姉妹の イタリアモードが流行。
 

モデル養成のチャームスクールが誕生。海外ではサックスドレスが全盛となる。

カリプソ・スタイル
ジグザグミシン登場。 

有楽町で逢いましょう」がヒット

南極観測隊がオングル島に上陸し昭和基地と命名。

1958年(昭和33年)

組合の活動が活発になり、コンクールも恒例
化した。

振興会主催第一回コンクールは、
蔵前の東京鞄会館で開催。

三都大会は年二回実施されるように
なる。

ローウエストの切りかえとシャーリングが入った「ベビードール」が流行した。


カルダン来日。


サンローランがトランペラーラインを発表した。

団地族が生まれる。

フラフープがブームとなる。

1959年(昭和34年)

フレアーのついたフラワーガーターが流行 した。

皇太子ご成婚。

シームレス・ストッキングが現れる。

ダットサンブルーバード発表。マイカー時代に入った。

「カミナリ族」が現れる。

バナースペース

東京洋装雑貨工業協同組合

〒111-0056
東京都台東区小島1-11-12

TEL 03-3851-3685
FAX 03-3863-4606