本文へスキップ

東京洋装雑貨工業協同組合のあゆみ

はじめに

人間の“衣、食、住”は、いま世界的にその地域差をせばめ、より良いもの、よりファッショナブルに、よりクリエイトにといった方向性のもとに大きな広がりをみせている。その“衣”に属するファッション産業 は、戦後のめざましい繁栄から消費革命なるものを生み出し、めまぐるしい発展をとげた。
1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代
東京洋装雑貨工業協同組合の歴史 ファッションの流れ 社会情勢
1960年代 昭和35年〜昭和44年代
経済は高度成長期に突入。
ファッションはプレタポルテ全盛で、ミニスカートが流行。
ベルトは巾広のヒップボーン時代。
 
1960年(昭和35年) ササールコートが流行。 ダッコちゃんブーム。

電気冷蔵庫・マイカー・テレビの「三種の神器」が流行語になる。
1961年(昭和36年)

ビニールベルトに代わり皮ベルトに人気が 集まる。
ムウムウ流行。マリークワントミニスカート考案。 六本木族。

「上を向いて歩こう」がヒット。
1962年(昭和37年)

フラワーガーターが広まり、種類もふえた。
フルーツカラーとフラワーモードが流行。フェミニンなファッションが主流になる。


フラワーモード
堀江謙一、ヨットで太平洋単独横断に成功。

ツイストが流行した。
1963年(昭和38年)

皮の名称から名付けられたダイナミックベルトが流行した。
バカンスルックが人気。

ジャージ人気が高まる。
ケネディ大統領暗殺事件。
ボーリングブーム。
1964年(昭和39年)

うろこを表現した金属ベルトが出回り、ウロコベルトとして人気を集めた。 靴下止めに変わり、ガーターベルトが流行。

皮革素材の本格的な輸入ベルトが店頭でみられるようになった。
アイビーファッション流行
1930年代調、オリエンタル調のファッションがもてはやされた。
東京オリンピック。

カラーテレビ発売。

銀座にみゆき族が現れる。
1965年(昭和40年) パンティストッキング、スラックス登場 ベトナム戦争。

モンキーダンスが流行。
1966年(昭和41年)

アイビールックの流行でアイビーベトが出現。コットン素材で美錠はメタル。
ミニスカートが流行。

ミリタリールック流行る。


ミニスカート
ザ・ビートルズ来日。

NHKの「おはなはん」が人気。

早稲田紛争。
1967年(昭和42年)

ブルージーンズやミニスカートにしめる幅広の皮ベルト、ヤングベルトが爆発的に売れた。
ニューAライン流行。再び女らしい服が見直される。

カルダンが紳士服を発表。

ヒッピールック登場。

ツィギー来日。ミニが定着。
アングラ映画・アングラ族が流行。

「帰って来たヨッパライ」が流行。
1968年(昭和43年)

婦人ベルト専業のブティックがふえた、キャラクター入りサスペンダーが子供に人気。

日本服装ベルト連合会のPRキャンペーンに婦人ベルト部も加わり、紳士・婦人合同キャンペーンを実施。パブリシティ活動とプレスゼミナールを展開。

婦人ものベルト流行研究会開催。



キャラクター入りサスペンダー
サイケデリックが流行。

パンタロンスーツがフランスからとりいえれられ人気を獲得。

ヒッピーのモードが定着しはじめる。

東大安田講堂が再封鎖された。

学生運動が市民化した。 

ヒッピー族が流行。


紳士・婦人もの合同キャンペーン


婦人ものベルト流行研究会
1969年(昭和44年)

ベルト・エッポク・ショー’69春の婦人ベルト新作発表会が開かれた。

カタログ「’69ベルトと流行」作成


「'69ベルトと流行」パンフレット
パリ・コレクションでミディ、マキシムが登場。

クレージュがシースルーを発表。

アコーディオンプリーツが広まる。

アール・デコ調のドレスが流行る。


ベルト・エポック・ショー
アポロ11号月面着陸。

テレビコマーシャルの「オオモーレツ」が流行。


婦人ものベルト流行研究会

バナースペース

東京洋装雑貨工業協同組合

〒111-0056
東京都台東区小島1-11-12

TEL 03-3851-3685
FAX 03-3863-4606